東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

小3はねられ死亡 木更津 過失傷害容疑 信号無視か、男逮捕

女児2人がはねられた現場=23日、千葉県木更津市江川で(一部画像処理)

写真

 二十三日午前七時十五分ごろ、千葉県木更津市江川の県道交差点で、横断歩道を渡っていた登校中の小学三年の女児二人が、軽乗用車にはねられた。うち一人が胸などを強く打ち、搬送先の病院で死亡。もう一人は重傷を負ったが意識はあるという。県警木更津署は目撃情報から、軽乗用車が赤信号を無視して交差点に進入したとみている。

 署は自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、軽乗用車を運転していた同市請西(じょうざい)東、自称アルバイト高山登容疑者(49)を現行犯逮捕した。署によると、容疑を認め「ぼーっとしていて、信号をよく見ていなかった。ブレーキを踏んだが間に合わなかった」と供述している。署は同法違反(過失致死傷)に容疑を切り替えて調べる。

 女児二人は現場から約一キロ先の市立岩根小学校の児童。現場は片側二車線の交差点で、通学路になっていた。朝の通勤時間帯は特に交通量が多く、押しボタン式の信号がついている。二人は横断歩道を渡り始めたところだった。近所の主婦(82)は「ドスンと鈍い音がしたので、外をのぞいたら人が倒れていた」と振り返った。近くに陸上自衛隊木更津駐屯地があり、通りがかった自衛隊の車両から隊員が五人ほど駆けつけ、救急車が到着するまで人工呼吸や心臓マッサージをしていたという。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報