東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

バンクシー?の絵 公開チュウ 都庁、来月8日まで (動画あり)

写真

 東京都は二十五日、都が管理する港区の防潮扉に描かれていた、路上芸術家バンクシーの作品に似たネズミの絵=写真=を都庁第一本庁舎二階で公開した。五月八日まで展示する。

 絵はA4サイズほどの大きさ。傘を差してカバンを手にしたネズミが一匹描かれており、バンクシーの写真集に収録され、二〇〇三年に東京で描いたとする絵と酷似している。都は昨年十二月に情報提供を受け「本物なら保全の必要がある」と扉の絵がある部分を取り外して保管していた。

 都は写真共有アプリ「インスタグラム」を通じてバンクシーにメッセージを送り、作品の真贋(しんがん)を問い合わせたが返答はなく、「バンクシー作品らしきネズミの絵」との説明文を付けた。

 午前十一時前の公開時には約五十人が並び、江東区の無職石川昭弘さん(71)は「話題なので見に来た。本物と信じたい」と述べた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報