東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

不審男のヘルメットか 悠仁さまの机に刃物 敷地近くで発見

 お茶の水女子大付属中(東京都文京区)で、秋篠宮家の長男悠仁さまの机に刃物二本が置かれた事件で、中学がある大学の敷地周辺でヘルメットが見つかっていたことが二十八日、捜査関係者への取材で分かった。

 大学の正門や中学の校舎付近など複数の防犯カメラにはヘルメットをかぶり、青色っぽい服を着た中年くらいの不審な男の姿が記録されていた。ヘルメットは男が着用していた可能性があり、警視庁が調べている。

 捜査関係者によると、ヘルメットは大学の敷地のすぐ近くにある建物付近で見つかった。男は中学の校舎に入る際、インターホンで「工事の者です」と学校関係者に説明し、入り口を解錠させたという。

 また中学には事件前、悠仁さまの入学などを批判する不審な電話が数件あり、警視庁が関連を調べる。

 刃物は二十六日正午ごろ、教職員が発見した。

 事件について、お茶の水女子大の室伏きみ子学長は「皆様に多大なご心配をおかけしましたことをおわび申し上げます。早急に警備体制を見直して今後このようなことが二度と起こらないよう安全確保に努めてまいります」とのコメントを発表した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報