東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

中学校侵入疑いで男逮捕 悠仁さまの机に刃物

警視庁大塚署に入る自称長谷川薫容疑者=29日

写真

 お茶の水女子大付属中(東京都文京区)で、秋篠宮家の長男悠仁(ひさひと)さまの机に刃物二本が置かれた事件で、警視庁は二十九日、建造物侵入の疑いで、住所、職業不詳の男、自称長谷川薫容疑者(56)を逮捕した。「中学校に入ったのは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑では二十六日午前十一時ごろ、正当な理由もなく、付属中学校内に侵入したとされる。

 捜査一課によると、学校の防犯カメラに写っていた不審な男と似た男が近くの東京メトロ茗荷谷駅のカメラに写っていた。カメラ画像をたどって足取りを追い、二十九日夜、神奈川県平塚市内のビジネスホテルで身柄を確保した。今後、銃刀法違反容疑でも調べる方針。

 中学は大学キャンパス内にあり、キャンパスには正門と南門がある。一課によると、長谷川容疑者は二十六日午前十時半すぎ、正門以外の場所からキャンパスに侵入。十一時十分ごろ、正門を出る姿がカメラに写っていた。長谷川容疑者は黄色いヘルメットと青い作業着、白いマスク、黒い手袋を身に着けていた。

 捜査関係者によると、この時間帯に作業着姿の男が「工事の者です」と学校関係者に説明し、入り口を解錠させていた。一課は長谷川容疑者が工事業者を装って侵入したとみている。

 刃物は二十六日正午ごろ、教員が発見。午後六時二十分ごろ、警察に連絡した。刃物二本は果物ナイフで、柄に長さ約六十センチのアルミ製の棒が粘着テープで巻き付けられ、悠仁さまの机と隣の机にまたがって置かれていた。刃の部分はピンク色で塗られていた。

 悠仁さまのクラスは当時、教室の外で授業が行われており、教室は無人だった。机には生徒名が書かれたテープが貼られていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報