東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

飛行機代の恩人 埼玉にいた! 沖縄の高2、地元紙通じ捜す 

猪野屋博さんへの感謝の思いを述べる崎元颯馬さん=10日、那覇市で

写真

 見知らぬ僕に飛行機代をくれた男性。身元が分かって良かった−。那覇市の高校二年崎元颯馬(そうま)さん(17)は、帰郷途中でなくした現金六万円をくれたのに連絡先を確認できずに別れた男性を、地元紙を通じて捜した。記事を知って申し出たのは、埼玉県の医師猪野屋(いのや)博さん(68)。「お礼の言葉を、直接伝えられる」。崎元さんは胸をなでおろしている。

 崎元さんは四月二十四日朝、伯父の葬儀に参列するため地元の沖縄県・与那国島へ帰ることになった。ところが、モノレールで終点の那覇空港駅に着いたところで、往復の航空運賃が入った財布をなくしたことに気付く。「何も考えられずパニックになった」。車両内で途方に暮れ、頭を抱えた。

 「どうしたの」。声を掛けてきた男性に事情を話した。折り返し運行でドアが閉まる間際、男性は「降りなさい」と促し六万円を差し出した。

 崎元さんは予約便に間に合ったものの、男性の氏名や連絡先を聞きそびれたことを悔やんだ。在籍する沖縄県立沖縄工業高の先生に相談し、すがる思いで地元紙に体験を取り上げてもらった。

 猪野屋さんは「だまされたんだよ」と言っていた同僚から五月十日朝、インターネット上に掲載された記事を教えられ、すぐに崎元さんの高校へ電話した。「少年の話を信じて良かった。那覇市出身でもあり、世話になった沖縄に恩返ししたいと思った」と振り返る。

 財布は乗車駅で見つかり、現金も手付かずで戻ってきた。「感謝を忘れず、困っている人に手を差し伸べられるようになりたい」と、涙をにじませた崎元さん。今月下旬、那覇市を訪れる予定の猪野屋さんと再会する。感謝の思いを告げて、手作りの贈り物を渡すと決めている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報