東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

模擬国連 渋谷幕張高が優秀賞

10日、ニューヨークで模擬国連の討議に参加した渋谷幕張高の女子生徒2人(中)=共同

写真

 【ニューヨーク=共同】世界の高校生が国連の会議を模して国際問題を討議する「グローバル・クラスルーム国際模擬国連大会」がニューヨークで十〜十一日に開かれ、渋谷教育学園幕張高(千葉市)が優秀賞を受賞した。公益財団法人ユネスコ・アジア文化センター(ACCU)が発表した。

 ACCUによると約千五百人が参加。自分の国とは関係なく割り振られた国の大使になりきって決議案をまとめるルールで、他国の事情を理解しながら自国の主張を反映させる交渉力を競う。日本の高校生の大半はデンマークを担当した。

 渋谷幕張高のチームは女子生徒二人。国連総会第三委員会(人権)を舞台に設定した討議で、障害者の社会参加を進める方策を話し合った。

 ACCUなどは今年、日本の予選を勝ち抜いた渋谷幕張高を含む八校の高校生を派遣した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報