東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

バレー部体罰けが 市立尼崎高隠蔽か 市教委に報告せず

 兵庫県尼崎市教育委員会は十五日、市立尼崎高男子バレーボール部でコーチの男性臨時講師(28)が体罰を加え、十回以上平手打ちされた三年生部員が鼓膜損傷などのけがをして二十〜三十分意識を失っていたと発表した。九日には学校の報告を基に「けがはなかった」と発表しており、校内で隠蔽(いんぺい)があった可能性もあるとみて経緯を調べている。

 市教委によると、体罰は四月二十九日にあり、今月七日に匿名の電話があって学校が事態を把握。その間に部員は左耳の鼓膜損傷や脳振とうなど二週間のけがと診断を受け、監督の男性教諭(51)に伝えた。

 コーチと監督は桑本広志校長と教頭に体罰について説明したメモを提出したのに、市教委にはけがについての報告がなかった。校長は市教委に「メモには目を通していない」と説明している。

 九日の発表後、外部から市教委に「けがの診断書がある」と指摘があり、学校が事実を認めたという。

 桑本校長は取材に「誤った情報を市教委に報告してしまった。生徒に苦しい思いをさせてしまい申し訳ない」と話した。

 市立尼崎高は昨年の全国高校総体(インターハイ)で初優勝した強豪。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報