東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

公園砂場に車、保育士骨折 園児かばう 市原、運転の65歳逮捕

公園の砂場を囲っているフェンスをなぎ倒して突っ込んだ乗用車=15日、千葉県市原市の梨ノ木公園で(近隣住民提供)

写真

 十五日午前十時二十五分ごろ、千葉県市原市五井中央西の梨ノ木公園で、保育園児らが遊んでいる砂場に乗用車が突っ込んだ。三十代の女性保育士が園児をかばってはねられ、右足首を骨折する重傷を負った。園児らにけがはなかった。

 県警市原署は、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで、乗用車を運転していた同市五井の自称無職、泉水卓(せんすいたかし)容疑者(65)を現行犯逮捕した。署によると「けがをさせたことに間違いないが、駐車場を出る時にブレーキを踏んだのに、車が突然発進した」と供述している。

 乗用車は市道を挟んで公園の向かい側にあるコインパーキングを出る際に急発進。公園前の高さ九十センチの金属製のポールや砂場を囲むフェンスをなぎ倒し、砂場に突っ込んで止まった。

 園児は近くの保育園に通ういずれも二歳の男女五人で、女性保育士二人が付き添っていた。けがをした保育士は「突っ込んでくる車に気付き、近くにいた女児をとっさに突き飛ばした」と説明しているという。

 現場はJR五井駅の北約百五十メートルの住宅街。ポールは一本が根元から折れ、フェンスは幅三〜四メートルにわたってコンクリートの土台ごと倒れた。近くの主婦(80)は「ズドーンと大きな音がしたので外に出ると、砂場に車が突っ込んでいたのでびっくりした」と話した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報