東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

中学教諭が「いじめよう」 福島 黒板に実名、生徒不登校

 福島県教育委員会は十七日、県内の公立中で昨年十月、整髪料の付け過ぎを理由に男性教諭(48)が黒板に当時三年の男子生徒の実名を示して「みんなでいじめよう」と書き、生徒がその後不登校に陥っていたと発表した。県教委は教諭を減給六カ月の懲戒処分にした。

 県教委によると、教諭は授業中、頭髪に整髪料を付け過ぎていると生徒を注意。黒板の「一日の行動目標」欄に生徒の名前と共に「調子に乗っているからみんなでいじめよう」と書いた。校内を巡回した校長が発見し、その日に消させた。

 教諭は校長から指導を受け翌日、生徒に直接謝罪したが、生徒は徐々に休みがちになったという。教諭は県教委の調査に「生徒とは信頼関係があって、冗談で書いたつもりだった」と釈明した。

 県教委は、保護者への説明が遅かったことなどから校長を戒告処分にした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報