東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

宮出し 熱気街中に 浅草三社祭

大勢の見物客が待ち受ける中、雷門を抜けた神輿=19日、東京・浅草で

写真

 浅草神社(東京都台東区)の三社祭は十九日、本社神輿(みこし)を境内から担ぎ出す主要神事の「宮出し」があった。本社神輿は大勢の担ぎ手によって街中を一日かけて巡り、初夏の浅草を祭り一色に染めた。

 午前六時前、氏子各町の担ぎ手たちが、宮頭の手締めを合図に三基の本社神輿を同時に担ぎ上げた。笛や太鼓の音に乗せた威勢のよい掛け声が響き、土煙が舞い、熱気にあふれた。

 三基は境内をゆっくり練った後、鳥居の外へ。担ぎ手が一斉に群がり、さらに沸き返った。東、西、南の各方面に分かれて巡行した三基は夜の「宮入り」で神社に戻り、熱い三日間が幕を閉じた。

 改元後初の開催となり、十八日には氏子四十四町会の人たちが一堂に会して手締めをし、新天皇の即位を祝った。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報