東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

屋久島大雨 登山者ら314人救出

孤立状態で一夜を明かし、救助活動を受けて下山する登山者ら=19日午後、鹿児島県屋久島町で(登山者提供)

写真

 鹿児島県屋久島町の局地的な大雨により、孤立状態で一夜を明かした世界自然遺産・屋久島の登山者らは十九日、県警や地元消防団の救助活動を受けて全員が下山した。県は、救助した人数が計三百十四人になったと明らかにした。町は、同島と口永良部島の全域六千六百六十七世帯一万二千四百三十一人に出した避難勧告を、この日も継続した。

 孤立者は下山後、健康状態などを医師らに確認してもらうため、バスで麓の屋久島署へ。一部は病院へ搬送された。重症者はいなかったという。

 孤立が生じたのは十八日午後。屋久島の東部から観光名所「縄文杉」に向かう県道を中心に、冠水や陥没、土砂崩れが発生した。登山者らを運ぶバスをはじめ、十台超が立ち往生。人々は車内や山小屋にとどまったり、屋外で雨にぬれたりしながら、夜を明かした。

 二次被害の危険性を考慮し、本格的な救助活動が始まったのは十九日午前から。海上保安庁や、県の災害派遣要請に基づき出動した陸上自衛隊も加わった。

 気象庁は十八日夕、屋久島で一時間に約一二〇ミリの猛烈な雨が降ったとみられるとして「記録的短時間大雨情報」を発表した。町では、降り始めから十九日午後二時までの雨量が四五六ミリを超えた地域もあった。

 二十日正午までの二十四時間予想降水量は、鹿児島県の種子島・屋久島地方と宮崎県で一八〇ミリ。気象庁は、同日朝にかけて局地的に雷を伴う激しい雨が断続的に降る恐れがあるとして、引き続き土砂災害への厳重な警戒を呼び掛けた。

 県や町が当初把握した孤立者は、計二百六十六人。十九日になって、孤立者が集まる場所に合流してきた人などがいたため、計五十人近く増えたという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報