東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

箱根 噴火警戒レベル2 火山性地震が急増

警戒レベルの引き上げで、終日通行止めになった県道=19日、神奈川県箱根町で

写真

 気象庁は十九日、神奈川県の箱根山で十八日から火山性地震が急増し、火山活動が高まっているとして「火口周辺警報」を発表し、噴火警戒レベルを1の「活火山であることに留意」から、2の「火口周辺規制」に引き上げた。大涌谷(おおわくだに)の想定火口域内では飛散する大きな噴石に警戒が必要になる。

 箱根山の警戒レベルが2になるのは二〇一五年以来。この際はごく小規模な噴火も発生し、住民や観光客の安全確保のため一時は3の「入山規制」まで引き上げられた。

 気象庁によると、箱根山では十八日午前五時ごろから芦ノ湖西岸や駒ケ岳付近を震源とする火山性地震が発生し始め、速報値で十八日に四十五回、十九日は午後三時までに四十八回観測された(このうち一回は震度1の有感地震)。想定火口域内では活発な噴気活動が続いており、地殻変動観測(GNSS)の結果からも噴火の恐れがあると判断したという。

 箱根町や神奈川県、気象庁の担当者らは小田原市内で火山防災協議会の幹事会を開催。終了後に記者会見した同町の山口昇士(のぶお)町長は「町民や観光客らの人命を第一に考えて取り組んでいく」と述べた。出席した気象庁火山課火山監視・警報センターの丹藤(たんどう)英司・火山防災官は「現時点で噴火警戒レベルを3に引き上げるような火山活動の兆候は見られない」との見解を明らかにした。

 箱根町はレベル2への引き上げを受け、火口周辺の終日立ち入り規制を決定。大涌谷につながる県道はこれまでの夜間通行止めから終日通行止めに対策を強化した。大涌谷周辺を通る「箱根ロープウェイ」は十九日の終日全線運休を決めた。大涌谷に乗り入れる路線バスを運行する「伊豆箱根バス」はルートを通行止め区間以外に変更した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報