東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アポ電事件 笹塚強盗容疑 再逮捕へ

写真

 東京都渋谷区笹塚二の高齢者宅で二月、現金の保管状況を尋ねる「アポ電(アポイントメント電話)」の後に約四百万円が奪われた事件で、警視庁は二十二日、強盗の疑いで、いずれも住所不定で無職、須江拓貴(ひろき)(22)、小松園竜飛(たつみ)(27)両容疑者ら男三人を再逮捕する。捜査関係者への取材で分かった。

 須江、小松園両容疑者は、江東区東陽五のマンションで二月、住人の加藤邦子さん=当時(80)=がアポ電の後、押し入った男らに粘着テープで手足や口を縛られ死亡した事件で、強盗致死罪で起訴されている。

 笹塚の事件に関わった疑いがあるもう一人の男は、住所・職業不詳、寺島健太容疑者。大阪府内のニセ電話詐欺事件で、府警に三月、窃盗容疑で逮捕されていた。

 捜査関係者によると、三人は二月一日午前八時四十分ごろ、渋谷区笹塚二の七十〜八十代の高齢夫婦宅に押し入り、夫婦を結束バンドで縛り、約四百万円を奪った疑いがある。

 夫婦宅には事件の数日前、息子を装うアポ電があった。警視庁は、アポ電で得た情報を基に、須江容疑者らがこの夫婦宅に狙いを定めたとみている。

 江東区と笹塚の現場で採取された足跡の一部が一致し、両事件で使われた車の通行記録に共通点があったことなどから、警視庁は同一グループによる強盗事件とみて調べていた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報