東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

元「KAT−TUN」田口容疑者を逮捕 大麻所持容疑、同居の元女優も

移送される田口淳之介容疑者(右)と小嶺麗奈容疑者=22日、東京都千代田区で

写真

 関東信越厚生局麻薬取締部は二十二日、大麻取締法違反(所持)の疑いで、アイドルグループ「KAT−TUN(カトゥーン)」の元メンバー田口淳之介容疑者(33)=東京都世田谷区=と、女優として活動していた会社員の小嶺麗奈容疑者(38)=同=を現行犯逮捕した。麻薬取締部は、二人は内縁関係にあったとみている。

 逮捕容疑は共謀して二十二日午後一時四十五分ごろ、同居していた世田谷区のマンションの自宅で、数グラムの乾燥大麻を所持していたとされる。認否は明らかにしていない。

 麻薬取締部は自宅から乾燥大麻数グラムのほか、大麻を砕くための「グラインダー」と呼ばれる器具や巻き紙など、吸引用とみられる証拠品を押収。大麻を隠すような形跡はなく、巻き紙は複数枚の束で置かれていた。麻薬取締部は二人が常習的に使用していた疑いがあるとみて入手経路などを詳しく調べる。

 田口容疑者は二〇〇六年、KAT−TUNのメンバーとしてCDデビュー。一六年三月にグループを脱退し、ジャニーズ事務所を退社。ソロで活動してきたが、大手レコード会社との契約は昨年終了していた。

 事件当時は個人事務所を経営。公式サイトによると、七月から全国ツアーを行う予定だった。

 小嶺容疑者はテレビドラマや映画などに出演。過去には覚醒剤撲滅を訴える公共CMにも起用されたことがある。現在の職業については、田口容疑者の事務所の従業員と説明している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報