東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

死亡男性、肋骨4カ所骨折 高齢者施設殺人 内臓激しく損傷

 東京都品川区の高齢者施設で黒沢喜八郎さん=当時(82)=が殺害された事件で、黒沢さんは複数の内臓が激しく損傷し、肋骨(ろっこつ)が少なくとも四カ所折れていたことが捜査関係者への取材で分かった。

 司法解剖の結果、黒沢さんの死因は内臓損傷による出血性ショックで、背中に強い力が加えられたとみられる。捜査関係者によると、複数の医師が司法解剖の結果を基に、三階建ての建物から転落したり、交通事故にあったりしたのと同じくらいの衝撃で内臓が激しく傷つけられているとの所見を出したという。

 警視庁捜査一課は二十二日、医師の所見などの捜査結果から殺意があったと判断し、元施設職員根本智紀容疑者(28)を殺人容疑で逮捕した。

 施設関係者や親族などによると、施設のカメラには四月三日午後十時二十分ごろ、根本容疑者が、あおむけの状態で背中をすりながら居室から出ようとする黒沢さんの足をつかみ、引きずって室内に連れ戻す様子が写っていた。黒沢さんはその後、暴行を受けたとみられ、翌四日未明に「胸が苦しい」と訴え、根本容疑者が通報。五日早朝に死亡した。黒沢さんは搬送された病院で親族に「若い男に蹴られた」と話していた。 (西川正志、奥村圭吾)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報