東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ドンパチない」町は利点強調 与那国島の住民説明会

 2016年3月に陸上自衛隊沿岸監視隊が配備された与那国島(沖縄県与那国町)では、自衛隊誘致の賛否を巡り住民同士の激しい対立が続いていた。防衛省が弾薬庫を「貯蔵庫」と説明していたことが判明し、住民説明会で誘致のメリットを強調した当時の町担当者は「知っていれば、住民への説明も違っていた」と悔やむ。 (望月衣塑子)

 「自衛隊が来ることで何の脅威があるのか。沿岸監視部隊なので、ドンパチするような訓練は頭にない。あくまで消費する部隊だ」。一二年十二月、外間守吉(ほかましゅきち)町長は町議会でこう力説し、自衛隊員や家族が住むことによる経済効果へ期待を示した。

 一四年二月に町が開いた住民説明会でも同様に説明された。

 当時の担当者は「前年に防衛省から施設概要を聞いた時は、貯蔵庫という説明で、町の関心はレーダーによる健康被害などに集中した。部隊の装備は小銃や機関銃程度だと思ったので、住民には誘致のメリットばかり強調した。迫撃砲弾などを入れる弾薬庫だと分かっていたら、住民への説明もだいぶ違っていた」と打ち明ける。

 この説明会では、住民から、米軍の基地使用を危ぶむ質問も出た。外間町長は「米軍が共同使用したい場合は、日米地位協定で拒否できない。心情として、米軍に使用させないことを貫きたい」と苦しい答弁に追われた。

 しかし、既に〇七年六月には、米海軍の掃海艦二隻が町の祖納(そない)港に寄港し、港を調査。内部告発サイト「ウィキリークス」によると、当時、米国の駐沖縄総領事だったケビン・メア氏は、外交公電で「台湾有事の際、与那国島は機雷除去の作戦拠点となりうる」と米本国に報告していた。

 メア氏は取材に「軍拡を進める中国海軍と尖閣諸島で対峙(たいじ)した場合、一番近い港が与那国島、石垣島、宮古島になる。南西諸島の島々を対中国軍への戦略拠点として利用しないと有事に対処できない。日本の防衛上も米国の防衛上も必要な戦略だ」と述べる。

 本紙の取材で弾薬庫だと今月知った四十代の住民男性は「基地ありきが前提のよう。防衛省が『貯蔵庫』としたのは、弾薬庫を隠して配備を認めさせるために意図的に使っていたとしか思えない」と批判する。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報