東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

貨物船同士衝突1人死亡 銚子沖 1隻沈没、3人が不明

写真

 二十六日午前二時十分ごろ、千葉県銚子市犬吠埼の南約一一・五キロ沖で、広島県呉市の住宝海運の貨物船すみほう丸(四九九トン)と愛媛県今治市の勝丸海運の貨物船千勝丸(四九九トン)が衝突した。千勝丸が沈没し、男性乗組員五人のうち四人が行方不明となった。

 銚子海上保安部によると、特殊救難隊員の潜水捜索の結果、水深約三〇メートルの海底に沈んだ船内から矢野彰二等航海士(72)=静岡市=を発見、救助したが、死亡が確認された。残る三人の行方を海上から巡視船などを使って夜通し捜すほか、二十七日午前から再び潜水などでの捜索を実施する方針。

 残る不明の三人は上村一文一等航海士(60)=鹿児島県指宿市、瀬野博機関長(69)=秋田市、馬越才五一等機関士(67)=今治市。

 藤田拓(ひらく)船長(60)=高知県幡多郡=は救助された。千勝丸は鋼材約千三百トンを積載し、茨城県の鹿島港から大阪府の堺港に向けて航行。沈没後、海底で発見された際は右舷側を上にして横倒しになった状態だった。

 すみほう丸は四人の乗組員全員が無事で、船体は鹿島港に入った。今回の事故の痕跡かは不明だが、船首付近は手すりが曲がり、船体にも傷が見られた。運輸安全委員会は船舶事故調査官を派遣し、二十七日朝から詳しい原因を調べる。

 事故後、千勝丸から無線で通報があり、第二管区海上保安本部(塩釜)が傍受した。事故当時、現場は晴れていたが、霧が出て視界不良だったという。現場付近では油の流出も確認された。

 今治市の勝丸海運では事故の連絡を受けた社長が千葉県に向かい、銚子海上保安部で藤田船長と面会した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報