東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

両陛下 初の国賓 会見なごやかに

トランプ米大統領夫妻と会見される天皇、皇后両陛下=27日午前9時47分、宮殿・竹の間で(代表撮影)

写真

 天皇、皇后両陛下は二十七日午前、国賓として来日したトランプ米大統領夫妻と皇居・宮殿「竹の間」で会見された。皇位継承後に両陛下が海外賓客と会うのは初めて。

 宮内庁によると、会見はなごやかな雰囲気で約二十五分間行われ、天皇陛下が「皇室と米国の交流は長く、上皇陛下が最初に米国を訪問したのは(一九五三年の)英国女王の戴冠式出席の途次でした」と述べた。トランプ氏は「日米関係は過去の戦争などさまざまな歴史を乗り越えて、今の素晴らしい関係が構築されているのだと思います」と応じた。会見を終えた陛下とトランプ氏が「(宮中晩さん会で)今夜またお会いしましょう」と通訳を交えず言葉を交わす場面もあった。記念の品としてトランプ氏には陶器製飾り鉢「瑠蒼釉鉢(るそうゆうはち)」、メラニア夫人には金細工を施した木箱「截金飾筥(きりかねかざりばこ)」がそれぞれ贈られた。

 会見に先立ち、宮殿・東庭で行われた歓迎行事では、米国国歌と君が代の演奏後、トランプ氏が陸上自衛隊儀仗(ぎじょう)隊による栄誉礼を受けた。両陛下主催の宮中晩さん会は宮殿の「豊明(ほうめい)殿」で開かれる。 (小松田健一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報