東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

川崎殺傷 駅のカメラに容疑者? 自宅から電車で移動か

児童らが襲われた事件の現場付近に花を手向け、手を合わせる人たち=29日、川崎市多摩区で(淡路久喜撮影)

写真

 川崎市多摩区でスクールバスを待っていた私立カリタス小学校(同区)の児童と保護者計十九人が殺傷された事件で、事件後に首を切って自殺した岩崎隆一容疑者(51)とみられる人物が同市麻生区の自宅から電車を使って犯行現場近くの小田急線登戸駅に向かう様子が駅の防犯カメラに写っていたことが二十九日、捜査関係者への取材でわかった。

 複数の包丁を所持するなど当初から多くの人の殺害を計画していた可能性もあり、神奈川県警は同日午前、殺人容疑で岩崎容疑者の自宅を家宅捜索するなど犯行動機の解明を進める。

 捜査関係者によると、二十八日早朝、岩崎容疑者とみられる人物が、同容疑者の自宅の最寄り駅である小田急線読売ランド前駅で電車に乗り、三駅離れた登戸駅で降りる映像が駅の防犯カメラに残されていた。服装が犯行時と同じ、黒の半袖シャツに紺のジーンズ姿で、リュックサックを背負っていたことから、県警はこの人物は岩崎容疑者だったとみている。

 岩崎容疑者は、犯行現場から約四キロ離れた一軒家で親族と三人暮らしだった。同日午前七時ごろ、近所の四十代の女性に「おはようございます」とあいさつし、小走りで読売ランド前駅方面に向かう姿が目撃されていた。

 事件は、同日午前七時四十分ごろ発生。両手に包丁を持った岩崎容疑者が、バス停でスクールバスを待っていたカリタス小の児童や保護者を次々に襲い、六年の栗林華子さん(11)と、外務省職員小山智史(おやまさとし)さん(39)が死亡。女性(45)と六歳の女児二人が重傷を負うなど計十七人がけがをした。

 犯行現場では、犯行に使った刃渡り三十センチの柳刃包丁二本のほか、リュックサックからシャツに包まれた包丁二本が見つかった。いずれも量販店などで購入でき、県警は犯行前に凶器を用意していた可能性が高いとみている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報