東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

慰安婦問題に迫るドキュメンタリー 映画「主戦場」めぐりバトル

映画「主戦場」の内容に抗議する藤岡信勝氏(左)ら=30日、東京都内で

写真

 旧日本軍の慰安婦問題に迫るドキュメンタリー映画「主戦場」をめぐり、場外バトルが過熱している。四月に封切られるや、ネットを中心に賛否が噴出。出演した保守系論客らは三十日、都内で会見を開き「だまされた」と抗議した。日系米国人で来日中の監督側は六月三日に反論の会見を開くという。 (小倉貞俊)

 「主戦場」は、日系米国人のミキ・デザキ監督(36)が、上智大大学院に在学中の二〇一六年から、慰安婦問題について発言している日米韓の論客ら約三十人にインタビューした作品。「慰安婦は二十万人いたか」「性奴隷だったのか」などの論点で、対立する主張を交互に紹介しながら問題に迫る構成だ。

 元慰安婦の支援団体や研究者だけではなく、慰安婦問題に否定的な立場からも「新しい歴史教科書をつくる会」の藤岡信勝副会長や米国の弁護士ケント・ギルバート氏、ジャーナリスト櫻井よしこ氏、杉田水脈衆院議員らが出演し、持論を展開している。現在、都内をはじめ全国で上映されている。

 三十日に会見したのは、藤岡氏ら三人。藤岡氏らは「大学院生だというデザキ氏から、学術研究と言われたので協力した。だまされた」と批判。「編集が中立ではなく、発言が切り取られている。公平に発言の機会が与えられていない」「グロテスクなプロパガンダ映画」などとし、保守系出演者七人の連名で映画の上映差し止めを求める抗議声明を出した。法的手段も検討しているという。

 作品中では複数の保守系出演者から差別的な発言が続出する。会見ではこの点もただされたが、発言内容の訂正などはなかった。

 同日、デザキ監督は公式サイトで「彼らの発言は、彼らの自由意思。一般公開も考えている、との合意書を交わしている」とコメント。配給会社によると、大学院に卒業制作として提出し、院を修了した。

 慰安婦問題の激戦地となりつつある作品について映画監督の森達也氏は「慰安婦問題を取り上げる映画は多いが、主張が対立する人たちが同じ作品中で語る例はほとんどなく意義がある。ドキュメンタリーは作家性もあり、完全な中立にはなり得ない。対象者が主張したいことと、監督が聞きたいことが食い違うのは当然だ」と話した。

◆ミキ・デザキ監督「タブー視せずに率直に議論を」

慰安婦問題をめぐる論争を描くドキュメンタリー映画「主戦場」を監督したミキ・デザキ氏=東京都新宿区で

写真

 渦中のミキ・デザキ監督(36)は本紙の取材に応じ、「だまして話させたわけではない。彼らはかなりの時間、普段通りの自分たちの主張を訴えていた」と説明する。「インタビュー相手の多くが私に期待し、左右どちらのサイドも私を説得しようとしてきた。私の頭の中が戦場のようになったその過程を、観客にも追体験してほしかった」

 米フロリダ州出身の日系米国人。大学を卒業後、二〇〇七年に来日し、山梨や沖縄県の中学・高校で五年間、英語の補助教員として過ごした。「ネット右翼に遭遇した」のは一三年。ユーチューブで「日本にも人種差別がある」と沖縄の米軍基地問題や部落差別を取り上げたところ、「でたらめ」「反日工作員」といった猛批判を浴びた。「日本に差別はない、という人たちが、気にくわない発言者を『韓国人』『中国人』と決めつけていた」

 一四年ごろ、過去に慰安婦の記事を書いた元朝日新聞記者・植村隆氏へのバッシングが起こった。慰安婦問題がなぜ議論になるのか興味がわいたのが映画製作のきっかけだ。一六年から関係者にインタビューを始め、被害者の人数や、強制連行の有無などの論点を一つ一つただした。

 米国で子供のころから激しいアジア人蔑視にさらされてきただけに、差別に対する日本社会の「沈黙」は気になった。「『黒人差別はいけない』と教育されるが、その黒人からもいじめられた。アジア人への差別は米国では語られない。マイノリティーは沈黙の中で苦しんでいる。メディアに語られない沖縄の人々の気持ちはよく分かる」

 慰安婦問題もタブー視せずに率直に話し合ってほしいと願う。「対立する主張に触れ、互いを理解していくことで、差別の問題を考える一歩にしてほしい」

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報