東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

子の甲状腺がんと被ばくの関連否定 福島原発事故調査中間報告

 東京電力福島第一原発事故の健康への影響を調べる福島県の県民健康調査検討委員会の評価部会は三日、事故当時十八歳以下だった県内の全ての子どもを対象に二〇一四、一五年度に実施した二巡目の甲状腺検査の結果について「現時点では甲状腺がんと被ばくとの関連は認められない」とする中間報告を公表した。

 推計被ばく線量が高くなるとがん発見率が上がるといった相関関係が見られなかった。ただ年の小さい子どもほど被ばくの影響を受けやすいとされる。成長後の影響を分析するため検査継続の必要性には変わりはない。

 基礎データ収集を目的に事故の半年後から一三年度まで行われた一巡目の検査と違い、事故後三〜五年目に実施した二巡目は「本格検査」と位置付けている。

 部会長の鈴木元・国際医療福祉大クリニック院長は記者会見で「(二巡目の)データだけで、未来永劫(えいごう)、放射線の影響がないと結論付けるものではない」として、検査継続の必要性を強調した。

 医療専門家八人が出席した三日の部会では、中間報告の内容に大きな異論はなかったが、「(がんが見つかった)個人の被ばく線量は考慮されていない。さまざまな制限があった上での分析だ」との指摘や、「『関連は認められない』との表現を弱められないか」といった意見も出た。今後文言を微調整した上で、検討委に提出する。

 中間報告を受け、患者側からは推計した被ばく線量を使っての判断に、早計ではないかとの疑問の声が上がった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報