東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「地面師」元弁護士ら逮捕 町田の土地、虚偽登記疑い

 地主に成り済まして東京都町田市の土地を勝手に売却し、うその所有権移転登記をしたとして、警視庁は六日、有印私文書偽造・同行使などの疑いで、無職倉石健一(68)=足立区竹の塚五、元弁護士伊関(いせき)正孝(63)=住所不定=の両容疑者ら男女五人を逮捕したと発表した。逮捕は五日。

 捜査二課は、町田市広袴三の土地約八百三十平方メートルの所有者の八十代女性=二〇一七年死亡=に成り済ました「地面師」グループとみており、港区の不動産会社に土地を約七千八百万円で無断売却した詐欺容疑でも捜査する方針。

 逮捕容疑では、一四年八月上旬、町田市の土地所有者名義の偽造の委任状や運転免許証などを東京法務局町田出張所に提出し、不動産会社に土地を売却したとする虚偽の所有権移転登記をさせたとされる。

 二課によると、倉石容疑者が主導役で、事件当時弁護士だった伊関容疑者は地主の代理人を装っていたという。伊関容疑者の弁護士事務所で商談していた。倉石容疑者は「間違いない」と容疑を認め、伊関容疑者は「一切関与していない」と否認している。他の三人も否認している。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報