東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

横浜市営地下鉄が脱線 線路に装置置き忘れ

脱線した横浜市営地下鉄ブルーラインの先頭車両=6日午前(横浜市交通局提供)

写真

 六日午前五時二十分ごろ、横浜市泉区の市営地下鉄ブルーラインの下飯田駅を発車した、湘南台発あざみ野行きの始発電車が脱線した。乗客約百三十人にけがはなく、徒歩で下飯田駅に避難した。市は、保守車両を線路に出入りさせるための仮設ポイント「横取り装置」といわれる装置を、夜間の作業後に取り外し忘れて、電車がそこに乗り上げたとみている。

 国の運輸安全委員会は、脱線事故の原因を調べるため、鉄道事故調査官三人を派遣した。

 市によると電車は六両編成でワンマン運転だった。下飯田駅を発車して約百五十メートルの地点で、先頭から五両目までが左側に脱線し、約四十メートル走って停止した。脱線時の時速は約三十五キロとみられる。市営地下鉄の営業運転中の脱線事故は初めてという。市は六日未明、本線と保守用の線路を分岐する「横取り装置」を現場に設置し、年に一度行う動作確認をしていた。点検後、装置を取り外すはずだったが放置。置き忘れを防ぐためのアラームも切っていた。

 ブルーラインは一時全線で運休し、同六時四十分ごろ、あざみ野−踊場間の上下線で運転を再開した。下飯田駅は始発駅の湘南台から東へ一駅。

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報