東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

水素電車を実証試験へ 21年度中にJR東

写真

 JR東日本は、水素をエネルギー源とする燃料電池車両=イメージ図=を新造し、二〇二一年度中に、川崎、横浜市内を走るJR鶴見線などで実証試験を始める。営業路線での試験は日本の鉄道では初めて。三年程度の試験を経て実用化を目指す。同社によると水素による燃料電池車両は二酸化炭素の削減や将来にわたるエネルギーの多様化が期待できるという。

 試験車両は二両編成。水素と空気中の酸素の化学反応で電力を生み出す燃料電池と蓄電池を搭載し、屋根の上には高圧水素を蓄えるタンクがついている。水素タンクは既に実用化されている水素自動車と同じものを使用。最高速度は時速百キロ、航続距離は一回の水素の充填(じゅうてん)で約百四十キロ。

 試験が行われるのは、鶴見線のほか、JR南武線の尻手−武蔵中原間と同尻手支線。水素の充填は鶴見線扇町駅、鶴見営業所、南武線中原電車区に移動式の水素ステーションを設置して行う。

 試験は当初は夜間に行われるが、安全性などが確認されれば昼間にダイヤのすき間を縫って走ることもあるそうなので、沿線から目にする機会もありそうだ。 (宮崎美紀子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報