東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

薬物疑い 競走馬156頭除外 興奮作用など、飼料添加物から検出

「競走除外」の文字が並ぶ出馬表=15日

写真

 日本中央競馬会(JRA)は十五日、禁止薬物を含む飼料添加物を摂取した可能性のある馬がいることが判明したため、十五、十六日に東京、阪神、函館の各競馬場で行われるレースから除外すると発表した。競走除外馬は百五十六頭になる。二日間とも中央競馬は開催される。

 JRAによると、競走馬理化学研究所の検査で、該当馬が摂取した飼料添加物から禁止薬物「テオブロミン」が検出された。同薬物は興奮作用、強心作用などを持ち、チョコレートやココアなどに含まれている。そのため、この飼料添加物が販売された厩舎(きゅうしゃ)の馬については、同薬物の影響下にある可能性が否定できないとし、競走から除外することを決めた。当該添加物は業者が海外から輸入していた。

 JRAが同研究所から報告を受けたのは十四日の夕刻。既に開催に向け役職員の多くは移動中だったため、厩舎関係者との連絡、対応策を練るのに時間がかかり、十五日朝の発表になったという。

 十五、十六日は三カ所の競馬場で計七十二競走が行われ、九百八十三頭が出走する予定だった。

<日本中央競馬会(JRA)禁止薬物> 競走馬の能力を一時的に高め、または減らす薬品、薬剤のこと。公正確保のため、レース後、1〜3着と裁決委員が指定した馬は禁止薬物検査のための理化学検査を受けなければならない。2006年のフランス凱旋門賞では、日本馬のディープインパクトから禁止薬物が検出され、失格となった例がある。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報