東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

女性殺害 元同僚の男逮捕 東松山「恨みあった」 容疑認める

 埼玉県東松山市のアパートで、住人の介護施設職員渡辺真澄さん(38)が殺害されているのが見つかった事件で、県警は十五日、殺人容疑で、元同僚の住所不定、無職佐々木靖幸容疑者(41)を逮捕した。県警によると容疑を認め「恨みがあった」と供述している。

 逮捕容疑では、十一日夕方から十三日午前七時十五分すぎまでの間、渡辺さん方で、胸や腹を刃物のようなもので刺して殺害したとされる。

 県警は十五日午後、東京都内で佐々木容疑者の身柄を確保した。複数の刃物をバックに入れ所持していたという。殺害に使われた刃物か調べる。

 県警によると、佐々木容疑者は、渡辺さんが以前働いていた介護施設で、今年に入り約二カ月間一緒に働いていた。二人が事件直前まで携帯電話で連絡を取り合っていたことが分かったという。十五日午前、佐々木容疑者から事件への関与をほのめかすメールを受け取った親族が、県警に通報した。

 司法解剖の結果、渡辺さんの死因は失血死だった。胸や腹などに十数カ所の刺し傷があり、一部には心臓に達する深い傷もあった。

 渡辺さんは一人暮らし。十一日夕に勤務先の介護施設を退勤した後、十二日に無断欠勤したため、同僚が十三日に渡辺さん方を訪れ、浴室の出入り口近くで死亡しているのを見つけた。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報