東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

拳銃強奪 33歳男逮捕 強殺未遂容疑否認 大阪・箕面で発見

飯森裕次郎容疑者

写真

 大阪府吹田市の千里山交番で古瀬鈴之佑(こせすずのすけ)巡査(26)が刃物で刺され拳銃が奪われた事件で、吹田署捜査本部は十七日、強盗殺人未遂容疑で、住所不定、職業不詳の飯森裕次郎容疑者(33)を逮捕した。同日早朝、大阪府箕面(みのお)市の山中で発見し確保した。所持していた拳銃に入っていた実弾は四発で、一発発射された形跡があるが、人的被害は確認されていない。

 捜査本部によると「私のやったことではありません」などと容疑を否認。精神障害者保健福祉手帳を持っており「病気がひどくなったせい、周りの人がひどくなったせいだ」とも話している。捜査本部は動機を調べ、丸一日にわたる足取りなど全容解明を進める。

 逮捕容疑は十六日午前五時四十分ごろ、千里山交番の北側駐車場で古瀬巡査の左胸や両脚などを殺意を持って包丁で複数回突き刺し、実弾五発が入った拳銃一丁を奪ったとされる。古瀬巡査は意識不明の重体。

 事件発生から約二十分後の十六日午前六時ごろ、交番近くの住宅街で複数の住民が破裂音を聞いており、発砲との関連を捜査している。

 捜査本部によると、交番のカメラに写った不審な男について、事件直前まで東京都品川区に住んでいた飯森容疑者に酷似していると父親が府警に連絡。身体的な特徴などから高校まで大阪で過ごし土地勘のある飯森容疑者が関与していると判断し、十七日未明に逮捕状を取った。

 十六日午後八時すぎに飯森容疑者とみられる男が山中の方向へ向かう様子が周辺のカメラで確認され、府警は夜明けとともに捜索。木製ベンチで横になっていた飯森容疑者を見つけた。

 逮捕時、飯森容疑者は水色の帽子をかぶり、紺色のジャージーとえんじ色のジャンパーを重ね着し、えんじ色のズボンに紺色の靴だった。所持金は約十万円だった。

 巡査の左胸の刺し傷は深さ約十一センチで、肺を貫通し心臓まで達していた。

 刺さっていた包丁は全長約二十九センチ、刃体約十五センチ。約三分間で胸や太もも、腕など七カ所以上を刺されるなどしており、捜査本部は飯森容疑者が強い殺意を持って襲ったとみて調べている。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報