東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

歩道に車 小学生らはねる 4人けが、運転の60歳逮捕 町田

歩道に乗り上げ、子どもらをはねた車両(右上)=17日午後6時30分、東京都町田市で

写真

 十七日午後五時五分ごろ、東京都町田市大蔵町の都道交差点で、ワゴン車が歩道に突っ込み、五〜七歳の子ども三人を含む計四人をはねた。市内に住む小学二年の女児(7つ)が足の骨を折る重傷。その母親(50)と、別の小学二年の女児(7つ)と男児(5つ)のきょうだいもけがをした。事故当時、歩道には塾帰りの子どもたちが七〜八人いたという。

 警視庁町田署は、自動車運転処罰法違反(過失運転致傷)の疑いで、ワゴン車を運転していた市内の女(60)を現行犯逮捕した。署によると、女は「事故を起こしたことは間違いないが、何が起きたか記憶にない」と供述している。

 現場は丁字路で、ワゴン車は市道から都道に出る際、スピードを緩めず、直進したまま都道の歩道に突っ込んだ。ガードレールが途切れた場所だった。信号機はワゴン車の側が赤だったという。ワゴン車は歩道に突入した後、空き地の脇の溝にはまって止まった。

 現場は小田急線鶴川駅から北西一・四キロの住宅街。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報