東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ピエール瀧被告 猶予判決 コカイン使用「常習的」

ピエール瀧被告

写真

 コカインを摂取したとして麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)に、東京地裁は十八日、懲役一年六月、執行猶予三年(求刑懲役一年六月)の判決を言い渡した。

 小野裕信裁判官は「ミュージシャン中心の活動から映画やドラマなどにも活動の幅を広げたため私生活が圧迫され、ストレスを解消するために映画を見たり音楽を聴いたりしながら一人で使用していた」と指摘。薬物依存症ではないが常習的な犯行と認定した。

 一方、主治医の指導に従って再犯防止のプログラムを受けていることや、所属事務所を解雇されたことで不利益を負うことなどを考慮し、執行猶予を付けた。

 判決言い渡し後に「芸能界に復帰できるかどうか分からないが『薬物を使っていなくても良いパフォーマンスだな』と社会に思われることを切に願う」と説諭した。

 瀧被告は判決後に「多くの皆さまに多大なる迷惑と心配を掛けて大変申し訳ない。二度とこのようなことを起こさないよう戒める」とのコメントを出した。

 判決によると、三月十二日ごろ、東京都世田谷区のマンションでコカイン若干量を、丸めて筒状にした千円札を使って鼻から吸引し使用した。瀧被告はバンド「電気グルーヴ」のメンバー。所属事務所ソニー・ミュージックアーティスツは逮捕後にマネジメント契約を解除した。

 瀧被告にコカインを譲り渡したとして、麻薬取締法違反の罪で横浜市の通訳業田坂真樹被告(48)も起訴されており、今月二十五日に初公判が開かれる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報