東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「強い街に」大阪府北部地震1年 ブロック塀犠牲女児追悼

大阪府高槻市立寿栄小で、発生時間に合わせて黙とうする佐藤美恵校長(前列左)ら。現場は金属のフェンスに置き換わった=18日午前7時58分、同市で(黒田淳一撮影)

写真

 最大震度6弱を観測した大阪府北部地震から一年となった十八日、ブロック塀が倒壊し、四年生だった三宅璃奈(りな)さん=当時(9つ)=が下敷きになって死亡した同府高槻市立寿栄小では、浜田剛史市長や佐藤美恵校長らが正門前に献花し、黙とうをささげた。佐藤校長は「二度とこのような事故を起こしてはならないと改めて決意している」と述べ、再発防止を誓った。

 危険ブロック塀対策は事故後に全国で加速した。北部地震では公共交通機関が一時は全面的に運行できず、都市型災害への対応課題も改めて顕在化した。南海トラフ巨大地震などに備え、帰宅困難者や訪日外国人保護の対策が求められている。

 浜田市長は市役所で市職員を前に「災害の記憶を風化させることなく、強い街づくりに全力を挙げる」と語った。記者会見し、学校施設の安全対策や防災教育などを一本化して担当する「学校安全課」を教育委員会に新設すると表明した。

 大阪府は災害発生時の初動を確認する訓練を実施。災害対策本部会議を開き、情報共有の在り方を確認した。

 地震は二〇一八年六月十八日午前七時五十八分ごろ発生し、関連死を含めて六人が犠牲となった。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報