東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新潟など26人重軽傷 震度6強 停電復旧、大雨を警戒

地震で瓦が落ちた屋根にシートをかぶせる人たち=19日午前6時22分、新潟県村上市で

写真

 新潟県で最大震度6強を観測した地震から一夜明けた十九日、各地で被害確認が進んだ。共同通信の集計で宮城、山形、新潟、石川の四県で計二十六人が負傷した。このうち一人が重傷。総務省消防庁によると八百人以上が避難所に身を寄せた。震度6強だった新潟県村上市では崖崩れが発生。山形県鶴岡市では小学校の相撲場の屋根が倒壊し、液状化による道路の陥没・隆起も確認された。津波による目立った被害は確認されていない。

 けが人の内訳は山形が十七人、宮城と新潟が各四人、石川が一人。総務省消防庁によると、安否不明者の情報は入っていないという。新潟県燕市では三十代男性が転倒して骨折した。同県の粟島では日頃の訓練を生かし、地震発生直後、避難指示・勧告が出る前に住民が避難する姿も見られた。

 山形、新潟両県で今後一週間ほどは震度6強程度の地震が起こる恐れがあり、気象庁は引き続き家屋倒壊などに注意を呼び掛けた。両県では十九日、気圧の谷や湿った空気の影響で雨や雷雨になり、地震による地盤の緩みから土砂災害に一層の注意が必要だ。

 気象庁は降雨への警戒を強め、村上市や震度6弱を観測した山形県鶴岡市で当面、大雨警報・注意報、土砂災害警戒情報の発表基準を引き下げて運用することを決めた。

 東北電力によると、山形、新潟両県では地震発生直後から延べ九千二百三十二戸が停電したが、十九日早朝までに全て解消した。

 またJR東日本によると、北海道・東北、秋田、山形、上越、北陸の各新幹線は十九日始発から平常通り運行している。

 地震は十八日午後十時二十二分ごろ、山形県沖を震源に発生。震源の深さは約一四キロで地震の規模はマグニチュード(M)6・7と推定される。山形県鶴岡市で震度6弱や5強、秋田県由利本荘市や山形県酒田市、新潟県長岡、柏崎両市などで震度5弱を観測した。山形県から石川県にかけての日本海沿岸に津波注意報が出され、新潟市で一〇センチ、酒田市、新潟県の粟島、佐渡市、石川県輪島市で微弱な津波を観測した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報