東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

収監に抵抗、刃物持ち逃走 保釈中、実刑確定の男 車で東名を西へ

小林誠元被告

写真

 十九日午後一時半ごろ、神奈川県愛川町田代、無職小林誠元被告(43)=窃盗、傷害、覚せい剤取締法違反などの罪で実刑確定=宅のアパートで、元被告を収監するために訪れた横浜地検の職員らに対し、元被告が抵抗、刃物を持って車で逃走した。地検と県警が銃刀法違反などの容疑で行方を追っている。車は東名高速で名古屋方面に向かったのが確認された。

 地検によると、地検職員四人と厚木署員二人が、アパート二階の小林元被告の部屋を訪れたところ、元被告は包丁とみられる刃物を振り回して暴れた。職員らがよけた隙に、アパート近くに止めてあった知人名義の車で逃げた。

 同日夕、約十五キロ離れた相模原市南区の国道16号交差点で、横浜方面に向かう車を県警の捜査車両が発見。車は県警を振り切って逃げ、横浜町田インターチェンジから東名高速に乗った。大和トンネル(大和市)付近で走行しているのが確認されたが、その後、行方が分からなくなった。

 車は相模ナンバーで、黒のホンダ・フィット。元被告は身長一七一センチで、白いキャップに白っぽいTシャツ姿だった。

 小林元被告は昨年九月、一審横浜地裁小田原支部で懲役三年八月の実刑判決を受けた。控訴したが、東京高裁が棄却し、二月に実刑が確定した。控訴審中に保釈されており、地検は収監するため書面で出頭を要請するとともに、何度も自宅を訪れたが、接触できなかったという。

小林元被告が刃物を振り回したアパート=神奈川県愛川町で(一部画像処理)

写真

事件を受け、同町が配信した防災メール

写真
写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報