東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

逃走男の車 厚木で発見 公務執行妨害容疑で逮捕状

写真

 窃盗などの罪で実刑が確定した神奈川県愛川町田代の無職小林誠元被告(43)が、収監前に逃走した事件で、逃走に使われた車が同県厚木市内で見つかったことが二十日、県警への取材でわかった。横浜地検は公務執行妨害容疑で小林容疑者の逮捕状を取り、県警が全国に指名手配し、行方を追っている。

 厚木市と愛川町の小中学校計四十五校は同日、児童生徒らの登校を見合わせ、自宅待機とした。

 県警によると、小林容疑者は、十九日午後一時半ごろ、収監のため自宅を訪れた横浜地検職員四人と厚木署員二人に包丁とみられる刃物を振り回し、近くに止めてあった知人名義の黒色の車で逃走した。

 午後六時すぎ、この車が東名高速下りの大和トンネル(大和市)付近を走行しているのが確認された。その後、行方が分からなくなったが午後十一時半ごろ、厚木市三田のアパート駐車場で無人の車が発見された。小林容疑者の自宅から約七キロ離れた場所だった。逃走時に振り回した刃物の所在は確認できていない。

 小林容疑者は窃盗や傷害、覚せい剤取締法違反などの罪に問われ、昨年九月に横浜地裁小田原支部で懲役三年八月の判決を受け、控訴。東京高裁が棄却し、二月に実刑が確定した。控訴審中に保釈されており、地検が書面で出頭を要請し、何度も自宅を訪れたが接触できなかったという。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報