東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

東郷証券幹部ら4人逮捕 顧客の損失補填疑い 東京地検

林泰宏容疑者

写真

 複数の顧客の外国為替証拠金取引(FX)による損失を補填(ほてん)したとして、東京地検特捜部は二十日、金融商品取引法違反(損失補填の禁止)の疑いで、東郷証券(東京都港区)の実質的経営者、林泰宏容疑者(58)=渋谷区=ら四人を逮捕した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 ほかに逮捕されたのは、東郷証券代表取締役の宇佐美麻己(46)=港区、同社顧問の上村昌也(37)=横浜市、商品先物会社代表取締役の宮井智浩(48)=大阪市=の三容疑者。逮捕容疑では、林容疑者らは二〇一六年七月〜今年一月、FXで損失が生じた顧客八人に対し、現金計約六千二百万円を提供したほか、先物会社に開設させた口座を通じて計約七百万円を提供するなどして、損失を補填したとされる。

 金商法は、証券会社が顧客の損失を穴埋めすることを禁じており、違反すれば三年以下の懲役か三百万円以下の罰金、またはその両方が科せられる。バブル崩壊後に大手証券が大規模な損失補填をしていた問題が発覚し、一九九一年の法改正で罰則が設けられた。

 林容疑者はドラフト一位で巨人に入団した元プロ野球投手で、引退後に証券業界に転身。関係者によると、東郷証券の全株は林容疑者が社長を務めるコンサルタント会社が保有しており、実質的な経営権を握っているという。民間信用調査会社などによると、東郷証券は〇二年に「サザインベストメント」として設立され、一七年に現在の社名に変更した。一八年三月期の営業収入は三十五億八千万円。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報