東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

幻の清方名作と会える 44年ぶり、11月・国立近代美術館で

 近代日本画の巨匠、鏑木清方(かぶらききよかた)(一八七八〜一九七二年)の代表作で、美人画の名作「築地明石町(つきじあかしちょう)」(二七年、縦約百七十四センチ、横七十四センチ)が二十四日、新たに収蔵した東京国立近代美術館で、四十四年ぶりに公開された。十一月一日から十二月十五日まで同館で一般向けに特別公開される。

 「築地明石町」で描かれたのは、東京・佃の入り江に停泊した帆船を背景に、水色の小紋の着物に黒い羽織をまとった女性の立ち姿。帝国美術院賞を受賞し美人画家として地歩を固めた名作で、美術展にもたびたび出品された。七一年には切手の図案に採用されたが、七五年の展覧会以来、公開されていなかった。

 主任研究員の鶴見香織さんによると、長年所在が不明で、美術館の購入希望作品リストのトップにあり続けた「幻の」名作。

 美術館は、同じサイズの清方の美人画「新富町(しんとみちょう)」「浜町河岸(はまちょうがし)」(いずれも三〇年)も収蔵。東京の町と、そこに生きる女性を描いた三部作とされ、六月に都内の画商から計五億四千万円で購入した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報