東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

路上で刺され2人死亡 名古屋 殺人容疑で男逮捕

 二十四日午後十時半ごろ、名古屋市北区西味鋺(あじま)一の路上で「道路で誰かが刃物で刺している。人が血だらけで倒れている」という一一〇番があった。現場には近くの会社員赤松英司さん(41)と、同僚で愛知県大府市若草町三、小笠原智之さん(44)がいずれも上半身を複数箇所刺されて倒れており、出血性ショックで死亡した。

 北署は直前に二人と口論になって逃走したとみられる北区西味鋺一、無職佐藤俊彦容疑者(38)の身柄を確保し、二十五日未明、小笠原さんの胸などをナイフで数回刺して殺害したとして殺人容疑で逮捕。赤松さんへの殺人容疑でも調べる。佐藤容疑者は当初、ナイフがある場所をほのめかしたが、逮捕後は黙秘しているという。

 署などによると、佐藤容疑者は赤松さんのマンションの南向かいの一軒家に住んでおり、二十四日夜に男性同士が言い争う声を複数の近隣住民が聞いていた。赤松さんと小笠原さんは事件前、一緒に飲食しており、現場付近で佐藤容疑者とトラブルになったとみられる。

 現場は名鉄小牧線味鋺駅から二キロほど西の住宅街で、二百メートルほど北には名古屋市立西味鋺小学校がある。

 赤松さんと小笠原さんの遺族は県警を通じ「私や子どもたちは今、深い悲しみに沈んでいます」とのコメントを出した。

 赤松さんと小笠原さんは、名古屋市内のビル管理会社の同僚で、二十四日はいずれも出勤していたという。この会社の関係者は「二人とも現場のムードメーカーだった」と涙ながらに話した。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報