東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

北大、学長解任申し出へ 選考会議がパワハラ認定

 北海道大(札幌市)の名和豊春学長(65)が職員にパワーハラスメントをした疑いがあるとして調査していた北大の学長選考会議が、名和学長のパワハラを認定し、近く文部科学相に学長解任を申し出る方針を固めたことが五日、関係者への取材で分かった。文科省によると、二〇〇四年度に国立大学が法人化した後、学長が解任された例はないという。

 国立大学の学長の解任は、国立大学法人法に基づき学長選考会議の申し出を受けた文科相が行う。文科相は申し出を精査した上で、解任するかどうかを判断する。文科省の担当者は「申し出があった場合、適切に対応したい」と話した。

 関係者によると、選考会議は委員十人で構成。パワハラがあったとの訴えを受けて昨年十一月、選考会議の下に調査委員会を設置した。調査の結果、名和学長によるパワハラがあったとして、学長を続けることは不適当と結論づけた。

 名和学長は昨年十二月から体調不良を理由に休職しており、現在は笠原正典副学長が職務代理を務めている。名和学長は北海道三笠市出身。北大大学院工学研究科修士課程を修了。北大大学院工学研究院長などを経て、一七年四月に学長に就任した。任期は二三年三月末まで。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報