東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

執筆料受領 警視正ら処分 昇任試験問題集 神奈川など計21人

 警察庁と十七道府県警の警察官らが昇任試験問題集の出版企業から問題や解答の執筆料を受け取った問題で、警察庁は十二日、国家公務員倫理法などに違反したとして、大阪府警刑事部参事官の野田哲治警視正(58)を減給十分の一(三カ月)、宮城県警の斉木弘悦警視正(56)=東北管区警察学校に出向中=を戒告の懲戒処分にしたと発表した。また地方公務員法に違反したとして熊本県警の警視(56)も戒告の懲戒処分となった。三人はいずれも辞職した。

 警察庁によると、懲戒処分の三人のほか、訓戒が三人、注意が十五人おり、一連の問題での処分は北海道、宮城、千葉、埼玉、神奈川、愛知、京都、大阪、兵庫、広島、福岡、熊本の十二道府県の二十一人。

 懲戒処分の三人は、国家公務員が五千円を超える贈与などを受けた場合、報告書の提出を義務付けている国家公務員倫理法や、兼業を原則禁止している地方公務員法などに抵触したとしている。

 三人の処分理由となった執筆料は約百二十万〜約八百八十万円。大阪府警関係者によると、野田氏は処分理由の執筆料を含め、二〇一〇年一月から一八年八月までに計百回にわたり、計約二千万円を受け取っていた。

 問題は一月八日に一部報道で発覚した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報