東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

がん検診結果誤通知 死亡 岐阜市50代女性「異常なし」

 岐阜市のがん検診で精密検査が必要だと診断されたが、「異常認めず」と誤通知された五人の女性のうち、治療中だった五十代の女性が十六日夜に胃がんで死亡したことが十七日、市への取材で分かった。十六日に同市が闘病中と発表していた。

 女性は今年一月十日、中市民健康センターが行っている胃がん検診を受診。同二十八日に「要精密検査」と判定されたが、市は「異常認めず」とする誤った結果を発送した。

 女性は四月に医療機関で肺がんと診断され、胃がんが転移したものであることが判明、治療を続けていた。

 五人に対する検診結果の誤通知は、この女性の家族が今月十日に「検診票を見せてほしい」とセンターを訪れたことがきっかけで分かった。

 柴橋正直市長は「市民のがん検診に対する信用を損なったことは誠に遺憾で、再発防止策を徹底させる」とのコメントを出した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報