東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「ボン」何度も爆発 アニメ会社火災 白昼の住宅街 次々搬送

煙を上げるアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=18日午前11時40分、京都市伏見区で

写真

 「ボン」「パーン」という激しい音が何度も響き、ものすごい量の黒煙が住宅街を包み込んだ。京都市伏見区のアニメ制作会社で十八日、爆発的な火災が起きた。助け出された人たちはボンベを口にし、銀色のシートで包まれた負傷者もいた。室内にはオレンジ色の炎。消防隊員ははしごを登り、懸命の救助活動を続けた。

 近所の女性(59)は「髪の毛がちりちりになった人が横たわり、血の付いた足跡もあった」と驚いた様子で話した。淡い色合いのスタジオの外壁は焼け焦げ、二階や三階の窓から煙がもくもくと上がっていた。消防隊員は放水活動を続けた。

 近くのマンションで美容院を経営する三十代男性は「午前十時半ごろ、タンクが爆発したような『パーン』という音が聞こえた。黒煙が上がり、焦げたような臭いもすごかった。大勢の住民らが慌てた様子で出てきて、心配そうに見ていた」と話した。

 近くで整体業を営む女性(48)は自宅前に複数の救急車が止まり、異変に気付いた。「搬送される人たちはアルミのようなもので包まれ、顔や手にはすすのようなものが付いていた」

 車で通り掛かった無職男性(70)は「スタジオの窓からオレンジ色の炎が見えた。放火の可能性があると聞いて驚いた」と不安そうだった。

■被害者多数の主な火災■

2000年3月 神戸市のテレホンクラブで放火、客4人死亡

 01年5月 青森県弘前市の武富士弘前支店に押し入った男がガソリンをまいて放火、従業員5人死亡

   9月 東京都新宿区歌舞伎町のビルで火災、44人死亡

 04年12月 さいたま市の量販店「ドン・キホーテ」で放火、店員3人死亡

 07年1月 兵庫県宝塚市のカラオケボックスで火災、客3人死亡

 08年3月 名古屋市南区の風俗店で火災、店長ら3人死亡

   10月 大阪市浪速区の個室ビデオ店で放火、客16人死亡

 09年7月 大阪市此花区のパチンコ店で放火、客ら5人死亡

   11月 浜松市のマージャン店で火災、客4人死亡

   11月 東京都杉並区の雑居ビルの居酒屋で火災、客ら4人死亡

 12年5月 広島県福山市のホテルで火災、7人死亡

 15年6月 神奈川県内を走行中の新幹線車内で、男がガソリンに着火し焼身自殺。巻き込まれた女性が死亡、多数の負傷者

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報