東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

アニメ会社放火 33人死亡 関東在住 41歳男拘束 負傷者35人

激しく煙を上げる「京都アニメーション」のスタジオ=18日午前10時30分ごろ、京都市伏見区で(近隣住民提供)

写真

 十八日午前十時半ごろ、アニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市)の京都市伏見区桃山町因幡にあるスタジオから出火、三階建ての建物が燃えた。京都市消防局によると、三十三人の死亡を確認した。府警は顔や胸の付近にやけどを負い病院に搬送された男の身柄を確保。運転免許証などから関東在住の四十一歳で「ガソリンのような液体をまき、火を付けた」という趣旨の話をしており、放火殺人事件として調べている。警察庁によると、放火事件の犠牲者数としては平成以降、最悪。

 男は「死ね」と叫びながら放火したとの目撃情報があり、府警は現場からハンマーと包丁数本を発見。ガソリンを運んだとみられる携行缶も見つかった。

 出火時、スタジオには従業員ら約七十人がいたとみられる。確保された男は同社の従業員だったことはないという。負傷者三十五人と男が搬送され、うち重傷は十人。男は話ができる状態ではないという。

 死者は音声収録室がある一階で二人、二階で十一人、二階から三階への階段で一人、三階から屋上への階段で十九人が見つかった。三階建て約六百九十平方メートルが燃え、出火から約五時間後に鎮圧状態になった。

 府警によると、現場近くのガソリンスタンドに十八日午前、携行缶を持ってガソリンを買いに来た男がいたとの情報があり、関連を調べている。男が逃げ込んだ住宅の女性によると「多目的ライターを使った」と警察官に説明したという。

 八田(はった)英明社長によると、十八日は打ち合わせがあったことから、建物入り口のセキュリティーを解除していたという。

写真

◆らせん階段 被害拡大か

 多数の死傷者が出たスタジオは、一〜三階にかけてらせん階段が設置されている構造だった。市消防局は「らせん階段が各階をぶち抜いており、火が回りやすい環境だったのではないか」と分析する。

 総務省消防庁によると、三階建ての建物は各階約二百二十平方メートルで延べ床面積は約六百九十平方メートル。西側の階段の他に建物の中央南寄りにらせん階段があり、各フロアとも仕切りで区切られた空間はトイレや会議室など数えるほどだった。

 市消防局によると、消火器や警報器は備え付けられていた。スプリンクラーはなかったが、不特定多数が出入りする建物ではないことや延べ床面積から、設置義務はなかった。

写真

<京都アニメーション> 京都府宇治市に本社を置く1981年創業のアニメ制作会社で、同市と京都市にスタジオを構える。東京を中心とするアニメ業界の中で京都から作品の発信を続けるユニークな会社として知られる。2000年代に10代の若者が登場するテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱(ゆううつ)」「らき☆すた」「けいおん!」などが次々に大ヒット。「映画 聲(こえ)の形」など劇場公開作品も多く手掛ける。若者の日常生活のリアルな描写、実写のような美しい背景といった質の高い作画技術などで、国内外のアニメファンの人気が高く「京アニクオリティー」と呼ばれる評価を確立した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報