東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ひるむことなく作り続ける 新海監督が哀悼

写真

 アニメーション作家の新海誠監督が十九日未明、東京・新宿の映画館で新作映画「天気の子」の上映後にあいさつで登壇し=写真、アニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオで起きた放火火災について「京アニの新作も見たいし、同じ業界として僕たちもひるむことなく(アニメを)作り続けることができれば。そうすべきなのかなと思っている」と話した。

 新海監督は「ご冥福をお祈りするしかない」と犠牲者に哀悼の意を示し「(アニメーターは)一枚でもいい絵を描きたい、少しでも見る人に楽しんでほしい、と思っている。みんな同じ船に乗っている仲間だ」と連帯を誓った。

 「天気の子」の観客の中には、熱心な京アニのファンも。専門学校生の荒井翔吾さんは「好きな作品がたくさんあるので胸が痛む。犯人の動機も気になる。すぐには無理かもしれないが、必ず復活してほしい」。

 アニメの勉強をしているという専門学校の男子学生は「作品に対して妥協しない姿勢や熱量がすごいし、あの会社なら間違いないという信頼感がある。ファンとしては作品を待ちたい」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報