東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

<参院選>政権押し付けに「NO」 秋田、イージス全力で阻止

秋田選挙区で当選を決め、支持者と握手する野党統一候補の無所属新人寺田静さん(右)=21日夜、秋田市で

写真

 地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の、秋田市への配備計画の是非を争点に、激戦となった秋田選挙区。配備計画への反対を訴え当選した野党統一候補の無所属新人寺田静さん(44)は「住宅地の目の前への配備は絶対に許されない。国会での発言を通して、阻止に全力を注ぎたい」と強調した。

 白っぽいスーツ姿の寺田さんは、テレビで当選確実が伝えられると、何度も頭を下げながら「ありがとうございます」と拍手に応えた。壇上で五歳の長男を強く抱き締め、笑顔で花束を受け取った。夫は立憲民主党の寺田学衆院議員。

 イージス・アショアを巡る問題で火消しを図ったが及ばなかった自民現職の中泉松司さん(40)は「ただただ私の力不足。大変申し訳ない」と支援者に頭を下げた。「防衛省の不正確な調査や不誠実な対応に、与党として厳しい目を向けたいと訴えたが、届かなかった」と硬い表情で語った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報