東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

傘で失明 47歳男逮捕 殺人未遂疑い 直前トラブルか

 JR目黒駅前の路上で今月四日夜、男性が傘で目を突かれて重傷を負った事件で、警視庁大崎署は二十三日、殺人未遂の疑いで、東京都港区三田一、会社員荒川拓雄容疑者(47)を逮捕した。男性は右目の眼球破裂などで失明した。

 逮捕容疑では、四日午後八時四十分ごろ、品川区上大崎四の路上で、会社員男性(53)の目を傘で突き刺して殺害しようとし、右目の眼球破裂、視神経断裂、頭蓋骨骨折などの重傷を負わせたとされる。

 署によると、二人に面識はなく、直前にトラブルになったとみられ、荒川容疑者は「トラブルになった時、傘が当たったかもしれない」と殺意を否認している。

 男性は仕事帰りに駅前でタクシーに乗ろうとした際、傘で突かれた。付近のカメラ映像などから荒川容疑者が浮上した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報