東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

ネット同時配信 民放が実験準備 来年1月、在京5局ニュース

 民放テレビの在京キー五局が来年初め、夕方のニュース番組を放送と同時にインターネットで配信する実験を準備していることが二十九日、関係者への取材で分かった。

 NHKは来年三月までに総合、教育テレビの全番組の同時配信を始める。スマートフォンによる動画視聴が広がる中、採算面などから同時配信に慎重だった民放も、NHKに追随して動きだす。各局は実験結果を踏まえて来春以降、一部の番組を本格的に同時配信することも検討している。

 関係者によると、キー局などが放送直後の番組を無料提供している共通サイト「TVer(ティーバー)」で、来年一月の月−金曜の五日間、五局の夕方のニュース番組を同時配信する。著作権処理が煩雑ではないニュースで実験する。

 キー局の放送区域は関東一都六県だが、ネットでは全国で視聴できるようになる見通し。CMはそのまま流すか、別のCMに差し替えるかを協議中という。五局は総務省の実証事業として実験を行いたい考えだ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報