東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

河村氏発言「憲法違反」 愛知知事が批判 少女像展示中止

 愛知県の大村秀章知事は五日の記者会見で、同県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」での「平和の少女像」などの展示中止を河村たかし名古屋市長が求めたことに関し、「表現の自由を保障した憲法二一条に違反する疑いが極めて濃厚ではないか」と批判した。

 知事は「公権力を行使する人が内容にいい悪いと言うことは検閲ととられても仕方ない」と市長の対応に苦言を呈した。また、「税金を使っているから(やっていいことの)範囲が限られるというのが最近の論調だが、全く逆ではないか」と指摘。公権力こそ表現の自由を守るべきだとした上で「気に入らない表現であっても受け止めるのが憲法の原則ではないか」と話した。

 河村市長も五日記者会見し、知事の批判について「最低限の規制は必要。(少女像は)日本人の心を踏みにじるものだ」と反論。「どういう経過で展示したか市民に分かるよう、大至急調査する」と話した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報