東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

高齢運転手 業界手探り タクシーなど人手不足、衰え 個人差大きく

「働けるうちは働きたい」と話す76歳のタクシー運転手の西畑満さん=東京都葛飾区で

写真

 東京・池袋で八十代男性が乗用車を暴走させ、母子らをはねて死傷させた事故の後、高齢者が運転免許を返納する動きが広がっている。ただ、タクシーやトラック業界などは人手不足で、高齢ドライバーの割合は増えつつある。業界団体は高齢者を雇用する際のガイドラインを作るなどしているが、身体や認知機能の衰えは個人差が大きく、安全確保へ手探りが続いている。 (福岡範行)

 「人生百年時代。働けるうちは働きたい」。東京都葛飾区のタクシー会社「実用興業」の運転手西畑満さん(76)は背筋を伸ばし、タクシーに乗り込んだ。

 週に二日、日中に新宿や渋谷などで客を拾う。二十年以上の乗務歴で人身事故はゼロ。年金収入はあるが、客との交流が楽しく、仕事を続ける。週に三日はジムに通い、日常生活で異変がないか家族にチェックしてもらっている。「家族に『危ない』と言われたら引退する」と自分を戒めながらハンドルを握る。

 同社の運転手は二百四十人。うち七十代が三割近くを占める。運行管理の担当者が、乗務前後の声掛けや健康診断、ドライブレコーダーなどで乗務できるかをチェックしている。運転手の雇用契約は七十歳以上で半年、七十三歳以上で三カ月の短期に切り替え、坂本篤史社長(54)が更新の都度、面談している。

 全国ハイヤー・タクシー連合会によると、運転手の平均年齢(昨年男性)は六〇・一歳で、毎年約〇・五歳ずつ上がっている。今後も高齢化が見込まれ、本年度から六十五歳以上の運転手を雇う際の安全対策のガイドラインを作り始めた。

 トラック業界は、インターネット通販の宅配が増える一方で若いドライバーの採用が進まず、全日本トラック協会が二〇一五年九月、「高齢者雇用推進の手引き」を作成した。加齢で視野が狭まることなどに配慮した安全対策、健康管理についてまとめている。

 ただ、藤原利雄常務理事(65)は「加齢による衰えは個人差が大きすぎ、一般的な対策は示しづらかった」と振り返る。

 福祉の現場でも、ドライバーの高齢化は課題になっている。調布ゆうあい福祉公社(東京都調布市)は、高齢者宅に車で食事を届ける配食ボランティアの年齢の上限を七十三歳から七十五歳に引き上げた。

 同公社の住民参加部門の責任者星野良二さん(46)は「企業の定年が延長され、ボランティアが集まりにくくなっている。高齢ドライバーの安全対策を強化する必要がある」と話す。

◆加齢で変化 自覚を

 高齢ドライバーの注意点について、一般社団法人「高齢者安全運転診断センター」分析担当の橘則光さん(54)は「視野の狭まりなど加齢による変化を自覚し、自分の運転を過信しないことが必要」と強調する。

 同センターは運転の様子をドライブレコーダーの映像で分析、助言している。橘さんによると、高齢者は首の回る角度が狭くなり、これまでと同じように運転しているつもりでも、後方確認が不十分になることがある。また、長年の経験から「この交差点は車が出てこない」と思い込んで一時停止を怠るなどし、自宅近くの慣れた道で事故を起こしやすくなるという。

 ミスで慌てたときに若い人より長くパニックになってしまい、大きな事故につながりやすい傾向があり、橘さんは「交通量の多い道を極力避けることも一つの対策だと思う」と話す。

 警察庁によると、昨年、七十五歳以上の運転者が第一当事者になった死亡事故は四百六十件。免許人口十万人当たりだと八・二件で、七十五歳未満の三・四件より高い。ブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故の割合が高く、急加速防止機能を持つ「安全運転サポート車」のみ運転できる限定免許制度の創設などが検討されている。

◆高齢運転者の注意点

・夜間視力や動体視力が落ちるので、夕暮れや夜間の運転をできるだけ控える。速度を落とす

・首を動かしづらくなるため、右左折時にはしっかり徐行し、死角の安全確認は体全体をひねって行うようにする

・アクセルからブレーキへの踏み換えに時間がかかるようになるので、歩行者の動きなどを早めに見る習慣をつける

・複数の車や人の動きを同時に確認することが難しくなるため、危険性の高いものから順番を付けて確認する

(高齢者安全運転診断センターによる)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報