東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

新幹線、あす計画運休 台風10号 新大阪−小倉で終日

写真

 大型の台風10号は十四日、四国・九州沖を北寄りに進んだ。十五日にかけて四国から九州にさらに接近し、上陸して西日本を縦断する見通し。西日本から東日本の太平洋側の南東斜面を中心に総雨量が一二〇〇ミリを超える地域もありそうだ。気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水・氾濫に厳重な警戒を呼び掛けた。 

 台風10号の接近を受け、JR西日本は十四日、山陽新幹線の新大阪−小倉間の運転を十五日の終日見合わせる「計画運休」を発表した。お盆休みのUターンラッシュのピークと重なり、交通に大きな影響が生じることになる。JR東海も東海道新幹線で山陽新幹線との直通を取りやめ、本数を減らして運転する。

 日航と全日空は九州各地の空港を十四日に発着する計約百便の欠航を決めた。

 徳島の夏の風物詩「阿波おどり」の最終日十五日も中止となる。

 JR西は「できるだけ早くお伝えし、予定の調整をしてもらえたら」と計画運休を決めた理由を説明。山陽新幹線の小倉−博多間は一時間に一本程度運転する。

 中国地方では十五日は在来線も岡山、広島、山口の三県で運転を見合わせる。京阪神地区の在来線の一部でも運休や遅れが出る可能性がある。

 JR四国は十四日、同日午後三時ごろから予土線など四国南部の線区を中心に順次運転を見合わせると発表。十五日は始発から瀬戸大橋線を含む四国の全線で終日運休する。

 JR九州は十四日に宮崎県と鹿児島県の在来線の一部区間や一部の特急を運休。十五日は九州新幹線の本数を始発から減らして運行する。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報