東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

「脅迫者特定再開の前提」 不自由展中止で津田氏

イベントに参加した「あいちトリエンナーレ2019」芸術監督の津田大介さん=17日午後、名古屋市で

写真

 企画展「表現の不自由展・その後」が中止となった国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督でジャーナリストの津田大介さんが十七日、名古屋市内で開かれたトークイベントに参加し、企画展に絡み愛知県に脅迫メールを送った全ての人物の特定などが、再開の前提条件になるとの認識を示した。

 県は、芸術祭の担当部署などに届いた「ガソリンを散布して着火する」といった七百七十通のメールについて、威力業務妨害容疑で県警に被害届を提出している。

 津田さんは、再開後の抗議電話への対応や、展示施設の警備体制の増強も条件に挙げ、「ハードルは相当高い」と述べた。問題について作家や市民がオープンな議論を繰り返すことも必要だとした。

 イベントはインターネットメディアを手掛ける大阪市の企業の主催で、文化芸術を巡る課題などを議論した。

 芸術祭では、不自由展中止への抗議として、展示が再開されるまでの間、韓国人作家が出品を取り下げた。他の海外作家からも取り下げる動きが相次いでいる。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報