東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【社会】

宮古島弾薬庫 10月着工 島外撤去の砲弾再搬入へ

 沖縄県宮古島への陸上自衛隊ミサイル部隊の配備計画を巡り、防衛省が十月から、島内で迫撃砲弾や中距離多目的誘導弾などを保管する弾薬庫の建設に着手する方針であることが、関係者への取材で分かった。

 陸自宮古島駐屯地から約十五キロ離れた採石場に用地を取得し、施設が完成次第、地元の反発で島外に搬出していた迫撃砲弾などを改めて持ち込む見通し。

 弾薬庫の整備を巡っては、地元への十分な説明がないまま、駐屯地に火力の強い迫撃砲弾などが保管されていたことが四月に発覚した。岩屋毅防衛相は四月二日に国会で「明示的にしっかり説明していなかった」と謝罪し、弾薬は島外の別の施設にいったん撤去された。

 近年、中国が軍事活動を活発化させている南西諸島防衛強化の一環として、宮古島駐屯地は三月末、奄美駐屯地(鹿児島県)とともに新設され、約三百八十人態勢の警備部隊を配置。二〇二〇年以降にミサイル部隊も配備し、計七百〜八百人規模まで増強する。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報